フルマブログ

小学生にオススメ!楽しく勉強が出来るYouTubeチャンネル5選

  • 教育
  • 子育て
小学生にオススメ!楽しく勉強が出来るYouTubeチャンネル5選

「子どもがYouTube好きでずっと見ている」
「子どもがなかなか集中して勉強に取り組んでくれない」
「子どもにうまく勉強を教えられない」

そんな悩みを持つ保護者の方はいませんか?

子どもの集中力を保ちつつ分かりやすく勉強を教えるのは想像以上に難しいですよね。
YouTubeには、ゲーム実況や商品紹介動画以外にも学びのサポートになる動画も多く存在します。

子どもたちの大好きなYouTubeを見て、楽しみながら勉強が出来るといいと思いませんか?

今回は小学生にオススメの、勉強系の動画を投稿している5つのチャンネルをご紹介していきます。

目次

  • とある男が授業をしてみた
  • GENKI LABO
  • 小島よしおのおっぱっぴー小学校
  • たくみっく
  • KADOKAWA児童図書チャンネル さいごに

とある男が授業をしてみた

最初に紹介するのは、著書の出版やNHKへの出演をした経験があり、教育系YouTuberのパイオニアである、「とある男が授業をしてみた」チャンネルを運営する葉一(はいち)さんです。

小中高と幅広い学年に合わせた授業を行っており、小学生向けには主に算数の解説動画をアップしています。

元塾講師ということもあり、非常に板書が見やすく、優しい話し方で、絶大な人気を誇っています。

動画自体も分かりやすいですが、教育者としても素晴らしいので、YouTubeで算数の勉強をしたい人だけでなく塾を迷っている保護者などにもオススメのチャンネルです。

チャンネルはこちら

GENKI LABO

数々のサイエンスライブ、実験教室を全国各地で開催した実績を持つ市岡元気さんが運営しているチャンネルです。

「刀に2000V電気を刻み込み雷模様の我妻善逸の日輪刀再現!」など科学実験と子どもたちの興味がありそうなテーマの掛け合わせが非常に上手く、大人でも楽しめるような内容の動画が多数アップされています。

「QuizKnock」「水溜りボンド」「スカイピース」「すしらーめん りく」などの人気YouTuberに実験協力をしていることからも、実験についての深い知識とエンターテイメントが高いレベルで融合していることがわかります。

見ていて楽しいだけでなく、学びにもなり、特に理科が好きな子どもたちが楽しめること間違いなしです。

チャンネルはこちら

小島よしおのおっぱっぴー小学校

お笑い芸人である小島よしおさんが、子どもたち向けに楽しく算数を教えてくれるチャンネルです。

小島さんは早稲田大学卒業で、高学歴芸人としても有名です。

また、単に自らの経験などをもとにオリジナルで教えるのではなく、学習塾である「進学個別桜学舎」が監修としてチャンネル運営に携わっています。

このことからも、小島さんがただ楽しい動画をつくるだけでなく、子どもたちに分かりやすく勉強を教えることを大切にしていることが分かります。

もちろんアップされている動画は、まるでお笑いのネタを見ているように終始楽しく学んでいける内容となっています。

退屈な算数の授業は嫌だけど、楽しく学べるなら勉強したい!
そんな子どもたちにピッタリのチャンネルです。

チャンネルはこちら

たくみっく

鉄道に関する情報を分かりやすく解説しているチャンネルです。

単に鉄道に関する知識を紹介するだけでなく、歴史や経済と紐付けて説明している点がとても勉強になります。

例えば、【「【いつから?】満員電車の歴史~小学生でもわかるように解説】という動画では、日本の人々が電車で移動をするようになったタイミングや、”満員電車”という言葉が生まれた背景などを分かりやすく解説してくれています。

電車好きの子どもにとっては社会を学ぶのに最高の学習コンテンツといえるでしょう。

チャンネルはこちら

KADOKAWA児童図書チャンネル

『角川まんが科学シリーズ どっちが強い⁉』など、KADOKAWAが出版する児童書を中心に、本をアニメーション化してまとめているチャンネルです。

読書は苦手だけど、本の内容を分かりやすく知りたい!という方にはピッタリの動画がたくさんアップされています。歴史を学べる動画も多く、児童書を動画にしたものが多いため、内容も分かりやすく構成されています。

チャンネルはこちら

さいごに

いかがだったでしょうか?

記事を通じて、YouTubeには子どもの勉強や自由研究に役立つようなチャンネルがあることがお分かりいただけたかと思います。

今回ご紹介したYouTubeチャンネル以外にも、魅力的なチャンネルはたくさんあります。

まずは、お子様の興味のある動画を中心に見て、楽しんだ結果として知識が身についている状態を目指すのがいいかもしれません。

ぜひ、YouTubeを活用しながらお子様の好奇心を引き出したり、勉強や自由研究に取り組んでみたりしてみてください!

この記事をシェアする

LINEで最新の記事を受け取る